FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本桂樹「理解不能な部下とうまくつきあうコツ」

23冊目。松本桂樹「理解不能な部下とうまくつきあうコツ」を読んで。中古108円。
読んだきっかけは最近、入社した新人の事を理解しようととして読んだ。初めて部下を持つ主任や係長向けであったため、ほとんど知っているレベルではあったが、今の主任や係長がどんな問題にぶち当たり、メンタル状況なのか勉強になった。日本企業のほとんどで個人の仕事能力を評価され、主任や係長に昇格する。ここでふるいに掛けられ課長以上の管理職としてステップアップできるか組織構築、部下育成、マネジメントといった難易度の高い、しかも明確な魅力が解らない仕事に辟易してスペシャリストとして生きて行く道を選ぶか選択を迫られる。「最近の新人は・・」とあちこちで行くが中間管理職もメンタルが弱いというか人間力に欠ける人も多いのだなと感じた。この本は個人の仕事能力で昇進したが、人をまとめる為の人間力や精神力、または仕事哲学を欠く中堅社員の悩みにアドバイスする本でした。2時間程度で読めるので、人の扱いで悩める方に向いていました。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinyuu1970.blog.fc2.com/tb.php/24-c9a2996e

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。